カテゴリー別アーカイブ: Uncategorized

印鑑証明の有効期限

印鑑証明には有効期限がないのをご存知ですか?

印鑑証明は交付してから、無期限に効力を発揮するそうです。

例外として、不動産登記に関しては発行後3ヵ月以内という規定があるようですね。
自動車の売買・譲渡に関しても、国交省が3ヵ月と定めているようです。

また、契約書の提出先が「○ヵ月以内の印鑑証明を持ってきてください」といったふうに期限を設けることはあります。
あまりに古い証明書だと、実印や住所が変わっている可能性があり、信頼性が下がるから、とのこと。

会社ごと、業界ごとに規定がある場合もあるようなので、契約の際には印鑑証明の有効期限をよく確認しましょう。

しかし、法律で定められた有効期限はないとなると、少し怖いですね。

ネットでいろいろ調べてみると、証明書を一度提出したのに「有効期限が切れたからもう一度取得して持ってきてください」とお願いされることもあるそうです。
法律的には期限切れなどないため、余分に証明書を渡してしまったら悪用されるかもしれない……と心配になりませんか?
そういうシーンでは、以前に渡していた印鑑証明を返してもらってから、新しく取得したものを渡すほうがよいかと思います。

印鑑証明のリスク

印鑑証明は実印と一緒に利用するから効力を発揮するため、証明書だけが他人の手に渡っても、悪用される可能性は低いでしょう。
ただし、通帳にあった届出印の印影から銀行印を偽造し、お金を不正に引き落とすという事件があったように、印影さえ分かってしまえば、まったくおなじ実印を作成することは可能なのです。

パソコンで印影を取り込んだり、彫刻のための機械を使ったり、あまり現実的ではないですが……しかし、可能性は低いにしてもリスクはあります。

もし、印鑑証明を複数発行して、結局使わず余ってしまったとしたら……発行手数料がもったいなくても、すぐ破棄するようにしましょう。有効期限がないからといってずっと保有していると、ずっとリスクを背負うことになってしまいます。

「実印を使い終わったらすぐ廃印にしてしまおう」という記事を最近見かけて、大変納得しました。必要になったときに実印登録をし、用事が済めばすぐ廃印にする、を繰り返していれば、もし判子や印鑑証明が盗まれてもそのときには実印としての効力を失っているわけです。

この方法が一番のリスク回避なのかもしれません。
毎回新しいはんこを購入するのは多少面倒ですが(私は苗字がめずらしいため、毎回オーダーメイドのものを作らなければいけません……)勝手に保証人にされたり自分名義で借金をされるよりかは何倍もましですからね。

印鑑証明を代理人が代わりに取得する方法

仕事が忙しくて、印鑑証明を取りにいけない! 急きょ実印と印鑑証明が必要になったため、都合がつけられない! なんてことありますよね。
「印鑑証明を土日、祝日に発行したい場合は?」もご紹介しましたが、どうしても自分では取得できないこともあります。

そんなときは、代わりの誰かに取りに行ってもらおう。
というわけで、代理人が印鑑証明を取得する方法をお教えします。

印鑑証明を取得する前に……実印登録は済んでいますか?
もし「判子は買ったんだけど登録はまだ」であるならば、まずは実印登録をしなくてはいけません。

実印登録は済んでいる場合は、①代理人が印鑑登録をする場合 を飛ばして ②代理人による印鑑証明の取り方 をご覧ください。

①代理人が印鑑登録をする場合

印鑑登録(または実印登録)とは、申請者が住民登録している役場で、ハンコの印面を登録することです。
※実印登録を代理人が行なうときは、即日登録ができないのでご注意を!

まず必要なものからご説明します。

【必要なもの】

・登録するハンコ
・委任状
・申請者本人の本人確認書類
・代理人の本人確認書類
・代理人の認印(実印じゃなくてOK)

委任状は、申請者本人が書く必要があります。

委任状の書き方

代理人の住所・氏名・生年月日と「上記の者を代理人と定め、印鑑登録申請に関する権限を委任いたします。」と記載してください。
また書類作成日、申請者の住所と氏名を書き、名前の横に捺印をすれば完成です。

必要なものをそろえたら、申請者が住民登録している役所にて、申請書を記入、提出します。
すると後日、本人宛に照会書が郵送されてきますので、そのなかの回答書に本人が記入。
回答書をまた本人か代理人が提出すると、そこでやっと登録完了です。

ちなみに本人が登録すれば、照会書が届くのを待ったり、回答書をまた持って行ったりすることなく、即日発行できます。
実印登録の代理は、かなりの手間がかかるのであまりおすすめできませんね……。緊急でどうしても自分ができないとき以外は、自分で手続きしたほうがよさそう。

②代理人による印鑑証明の取り方

実印登録の代理は、上述のように大変ややこしいのですが、印鑑証明はとってもカンタン。10分ほどで取得できてしまいます。

必要なのは、印鑑登録カードのみ。
委任状は不要、本人確認書類や代理人のはんこも大体必要ありません。

登録カードをもって役所や証明書発行センターに行き、窓口か自動交付機で手続きします。

窓口での手続きの場合

証明書の申請書類を書くとき、申請者本人(実印の持ち主)の住所・氏名・生年月日を間違わずに記入できなくてはいけません。
事前に覚えておくようにしましょう。

自動交付機での手続きの場合

自動交付機の場合、印鑑登録カード、もしくは住基カードかマイナンバーカードと、事前に設定した暗証番号が分かれば、すぐに発行できてしまいます。
窓口よりも簡単に取得できるためおすすめですよ。

印鑑証明を土日、祝日に発行したい場合は?

印鑑証明をはじめとする役所での手続きって、平日働いている方にとってはとても億劫ですよね。
わざわざ有休をとって平日の昼間に役所に行って……そんなこと忙しくてとてもできない! という方に朗報。
印鑑証明を土日・祝日に発行する方法があるのです。

都市圏では土日や祝日でも役所が開いている場合がある

比較的、都市部の自治体では休日も窓口が開いていたり、証明書自動交付機なら利用できる、といった場合があるようです。
ただし、毎週土日ではなく、第○土曜のみ、など開いている日程が決まっていたり、受付時間が平日より短い役所もあるので、事前によく調べていきましょう。

役所でなく、サービスセンターや証明書発行センターで取得する

役所はだめでも連絡所、サービスコーナーや発行センターと呼ばれるところでは、土日も窓口が開いてることが多いです。
たいてい役所のホームページに、証明書を発行してくれる施設一覧があるため、あきらめず探してみてください。

証明書自動交付機を使う

証明書自動交付機は、請求書を記入することなく、磁気の印鑑登録カードか住基カード、あるいはマイナンバーカードさえあればすぐ証明書を発行できる機械です。
おもに役所に設置されているほか、駅前などアクセスしやすい場所に自動交付機がある地域も。
設置場所はだいたい役所のホームページに掲載されています。

コンビニで印鑑証明が発行できる自治体がある

「印鑑証明はコンビニでも発行できるんです。」のなかでもお伝えしたように、市区町村によってはコンビニで証明書を発行できるようです。
その際は、登録カードは使えず、住基カード、マイナンバーカードが必要になりますのでご注意を。

印鑑証明を代理人に取ってきてもらう

印鑑証明は、本人でなくとも登録カードさえあれば発行できてしまいます。
土日に開いてる施設が近所にない、証明書が発行できるコンビニが近所にない、となった場合は、だれかに頼んで、代わりに取ってきてもらいましょう。

代理で印鑑証明をとるときは、委任状、代理人のハンコ(実印や認印)は必要ありません。
ただし、申請者の正しい氏名・住所・生年月日が分からなければ発行はできないので、事前に予習してもらいましょう。

印鑑証明はコンビニでも発行できるんです。

住基カードをつかって、コンビニで印鑑証明を取得

市内の役所や証明書発行センターなら、どこでも証明書を交付してもらえるとはいえ、やはりわざわざ足を運ぶのは少々面倒なもの……なんてわがままに答えてくれるサービスが登場しました!
コンビニで印鑑証明が発行できるのです!

ただし、一部の地方自治体だけのサービスになります。(残念ながら筆者の地域は対象外でした……。)

コンビニで印鑑証明を申請するには、住民基本台帳カード、通称:住基カードが必要になります。
住基カードといえば、在住している市区町村で簡単に交付してもらえる、身分証の一種。
これらにはICチップが組み込まれており、コンビニのコピー機の所定場所にかざすと、個人データを読み込んでくれるのだとか!

コピー機の簡単操作で、即時に印鑑証明を手に入れることができるのです! 便利な世の中になったものですね。(筆者は使ったことがありませんが……。)

住基カードがあれば、印鑑証明のほかにも住民票や戸籍の写しが取得できる場合も。
それらサービス内容全般は自治体によりけりなので、ご自身の市区町村を調べてみてください。

マイナンバーカードでの印鑑証明書発行

さて、2016年1月より、マイナンバー制度がはじまりますね。
前年の10月から個人番号通知書が交付されましたが、皆さん無事お手元に届いたでしょうか?

希望者は「マイナンバーカード(個人番号カード)」という身分証明書を発行してもらえるのですが、実はその一方で、住基カードの発行が2015年12月で終了するそうです。
いま住基カードをお持ちの方は、有効期限までは利用できますが、その後更新はできないんだとか。

これからコンビニで印鑑証明書を発行するときは、マイナンバーカードを使うことになるのですね。
これまで住基カードをお持ちでなかった方も、これを機にマイナンバーカードを作成すればコンビニで証明書を発行することができますね。

ただし、しつこいようですがコンビニでの証明書発行サービスがあるかは地方自治体によって異なりますのでご注意を!

印鑑証明の取り方

印鑑証明取得のための手続きって?

印鑑証明の取得には、まず必要なものがあります。

○必要な持ち物
・印鑑登録証
・本人確認書類(免許証やパスポートなど、住基カードでもOKな自治体も)

印鑑登録証は昔は手帳型だったりしたのですが、最近では磁気カードになっているようですね。
自治体によっても異なるのでしょうか?

ちなみに印鑑登録カードは、普段使わないためかとっても失くしやすいもの……。
身分証があろうと、登録した実印を持っていこうと、登録カードがなければ証明書は発行できないのでご注意ください。

もし失くしてしまった場合には、新しいはんこで実印登録しなおさなくてはいけなくなります。
たとえ実印は残っていたとしてもです!失くしたと思っていたカードを誰かに拾われ、悪用される危険性がありますからね。

印鑑登録カードを紛失したら、すぐ実印変更の手続きをしてください!
あ、もちろん実印を紛失したときも、廃印手続きと、新しいはんこで登録をする必要がありますよ。

少々話が逸れました。
さて、上記の必要なものを準備したら、お近くの役所へ行きましょう。
請求書を記入し、窓口で提出すれば10分もかからず証明書が取得できます。

実印登録のときは住民票のある役所に限られていましたが、印鑑証明の取得は、同じ市内の役所であればどこでも可能です。
印鑑証明書のほか、住民票、戸籍謄抄本など各種証明書を発行してくれる出張所や、サービスカウンターがある場合も。
一番最寄りの施設に行けばいいので便利ですね。

ただし、証明書の郵送は、さまざまな役場を調べてみたのですがどこでもやっていないようです。
やはり、手違いがあって郵送されなかったときにリスクが大きいからでしょうか……。