印鑑証明を土日、祝日に発行したい場合は?

印鑑証明をはじめとする役所での手続きって、平日働いている方にとってはとても億劫ですよね。
わざわざ有休をとって平日の昼間に役所に行って……そんなこと忙しくてとてもできない! という方に朗報。
印鑑証明を土日・祝日に発行する方法があるのです。

都市圏では土日や祝日でも役所が開いている場合がある

比較的、都市部の自治体では休日も窓口が開いていたり、証明書自動交付機なら利用できる、といった場合があるようです。
ただし、毎週土日ではなく、第○土曜のみ、など開いている日程が決まっていたり、受付時間が平日より短い役所もあるので、事前によく調べていきましょう。

役所でなく、サービスセンターや証明書発行センターで取得する

役所はだめでも連絡所、サービスコーナーや発行センターと呼ばれるところでは、土日も窓口が開いてることが多いです。
たいてい役所のホームページに、証明書を発行してくれる施設一覧があるため、あきらめず探してみてください。

証明書自動交付機を使う

証明書自動交付機は、請求書を記入することなく、磁気の印鑑登録カードか住基カード、あるいはマイナンバーカードさえあればすぐ証明書を発行できる機械です。
おもに役所に設置されているほか、駅前などアクセスしやすい場所に自動交付機がある地域も。
設置場所はだいたい役所のホームページに掲載されています。

コンビニで印鑑証明が発行できる自治体がある

「印鑑証明はコンビニでも発行できるんです。」のなかでもお伝えしたように、市区町村によってはコンビニで証明書を発行できるようです。
その際は、登録カードは使えず、住基カード、マイナンバーカードが必要になりますのでご注意を。

印鑑証明を代理人に取ってきてもらう

印鑑証明は、本人でなくとも登録カードさえあれば発行できてしまいます。
土日に開いてる施設が近所にない、証明書が発行できるコンビニが近所にない、となった場合は、だれかに頼んで、代わりに取ってきてもらいましょう。

代理で印鑑証明をとるときは、委任状、代理人のハンコ(実印や認印)は必要ありません。
ただし、申請者の正しい氏名・住所・生年月日が分からなければ発行はできないので、事前に予習してもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です