印鑑証明の取り方

印鑑証明取得のための手続きって?

印鑑証明の取得には、まず必要なものがあります。

○必要な持ち物
・印鑑登録証
・本人確認書類(免許証やパスポートなど、住基カードでもOKな自治体も)

印鑑登録証は昔は手帳型だったりしたのですが、最近では磁気カードになっているようですね。
自治体によっても異なるのでしょうか?

ちなみに印鑑登録カードは、普段使わないためかとっても失くしやすいもの……。
身分証があろうと、登録した実印を持っていこうと、登録カードがなければ証明書は発行できないのでご注意ください。

もし失くしてしまった場合には、新しいはんこで実印登録しなおさなくてはいけなくなります。
たとえ実印は残っていたとしてもです!失くしたと思っていたカードを誰かに拾われ、悪用される危険性がありますからね。

印鑑登録カードを紛失したら、すぐ実印変更の手続きをしてください!
あ、もちろん実印を紛失したときも、廃印手続きと、新しいはんこで登録をする必要がありますよ。

少々話が逸れました。
さて、上記の必要なものを準備したら、お近くの役所へ行きましょう。
請求書を記入し、窓口で提出すれば10分もかからず証明書が取得できます。

実印登録のときは住民票のある役所に限られていましたが、印鑑証明の取得は、同じ市内の役所であればどこでも可能です。
印鑑証明書のほか、住民票、戸籍謄抄本など各種証明書を発行してくれる出張所や、サービスカウンターがある場合も。
一番最寄りの施設に行けばいいので便利ですね。

ただし、証明書の郵送は、さまざまな役場を調べてみたのですがどこでもやっていないようです。
やはり、手違いがあって郵送されなかったときにリスクが大きいからでしょうか……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です