印鑑証明とは

印鑑証明、実印についての基礎知識

車を購入するとき、「実印と印鑑証明を用意してください」と言われ、実印の存在はついてはなんとなく知っていたものの、印鑑証明って……? と困ったことがあります。
そのとき色々しらべた基礎知識を、当時の私と同じように困っている方にお伝えできたら、と思います。

印鑑証明を理解するには、まず実印の仕組みについて理解する必要があります。

実印は、不動産や自動車の売買・賃借、遺産相続、会社設立などの重要な契約で用いられるもの。
なぜ重要な契約では、実印でないとだめなのか?ほかのハンコが使用できないのか?
それは、実印がとても信用性の高い判子だからです。

じつは、はんこ屋で売っている「実印」を購入しても、それだけでは実印として使うことはできません。
印鑑登録、すなわち住民票を置いている市区町村の役所に印影を登録することで、はじめて実印と認められるのです。
私もそれまで知らなかったのですが、印鑑登録しなければ認印と同じ、ただのハンコなんですね。

役所に登録するということは、公的機関が「この印影はたしかに本人が登録したものである」という証明をしてくれるため、大変信用性が高く、それゆえ法律で定められた契約、公正証書などに使用されるのです。

さて、ここで本題です。
印鑑証明とは、役所に登録した実印が本物であることを証明してくれる書類のこと。
印影の複写と「この写しは登録された印影と相違ないことを証明します」という文言、市区町村長の名前と印が押されたものになります。

実印をつかうときには、証明書もセットで提出する必要があるのです。

では証明書の取得方法です。

≪目次≫
印鑑証明の取り方をご存知ですか?
印鑑証明はコンビニでも発行できるんです。
印鑑証明を土日、祝日に発行したい場合は?
印鑑証明を代理人が代わりに取得する方法
印鑑証明の有効期限